カテゴリー

  • カテゴリーなし

二つの意味

ここでは、不動産についてのことを書いていくことになるわけですが、最初の小見出しを「二つの意味」としたのには理由があります。
というのも、「不動産」という言葉には、そもそも二つの意味が含まれているからです。法律的に言えば、不動産というのは、「土地と、その定着物」といった意味になっています。
この「不動の財産」と呼ばれているものの中身には、「土地」というもの、それからそこに「定着している物」という二つの意味があるわけです。

土地に定着している物というのは、一番わかりやすい物を挙げれば住宅などの建物になります。
このことを知っておくことは、不動産の奥深さを考えていく上では非常に重要なことになります。
例えば、不動産というものを考えるとき、土地のこと、それからそこに定着している住宅のこと、二つの目線から考えることになるからです。

ここでは、それぞれの事柄について考えていくということで話を進めていきます。
土地について考えるとはどういうことか、そこに定着している物について考えるとはどういうことか。
例えば、住宅を建てたいと思ったときに考えるべきなのは、土地のこと?それとも、「定着物」のこと?
こんなふうな「二つの目線」で、物事を考えていく必要があるのです。

おすすめサイト

大切な工程である地盤調査について【土地利用を行うにあたって必須の作業が、地盤調査】
港南区で総合不動産サービスを依頼しよう<マイホーム・スタジオ>
埼玉で不動産を探すなら親切丁寧なコチラがオススメです|さいたま市不動産情報
八潮市の不動産や物件情報ならこちら:八潮市で暮らす・おすすめ不動産会社ガイド

アーカイブ

Bookmarks